長崎市でA様のマンションフローリング張替えリフォーム

長崎でマンションの床リフォームはお任せ下さい!
長崎フローリング張替え相談所の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂いた「マンションの床張替えリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

こちらが施工前の写真になりますが、築年数が約30年になります。

この時代のフローリングの施工方法は根太にフローリングの材料を直接張る工法のため、根太というのは基本的に約30cm間隔で入っており、根太の間で歩くと、たわんだり、きしみや床鳴りがしております。

ちなみに現代の工法は根太の上に一度針葉樹合板といい、幅が91cm*長1.82m*厚1cm2mmの板がありまして、その板を張ってからフローリング材を張るというのが主流になっており、これを「2重張り」と言います。

なぜ2重張りが主流かといいますと、フローリング材の下に先ほどの大きな板を張ることにより、人が歩くときの重量を板が受け止めてくれるため、強度的に強くなり、またきしみや、乗ったときにブカブカするなどの症状が出にくくなるために現代は2重張りをしております。

ですのでこういった現場は既存のフローリング材がよほど傷んでいない限りあえて撤去せずに2重張りと同じ意味合いを持たせるために
「重ね張り」といい、既存のフローリング材の上から新しいフローリング材を張ってやることにより、強度的にも上がります。

費用も既存のフローリング材を撤去し、針葉樹合板を張る手間を考えると重ね張りの方が安くで済みます。

施工後

こちらが施工後の写真になります。

今回のフローリング材はブラウン色を選択されており、巾木を白に変えたため、白・黒のアクセントで綺麗にまとまり

お施主様にもご満足いただけました。



【新型コロナウイルス対策について】
長崎フローリング(床)張替えリフォーム相談所では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎フローリング張替えリフォーム相談所では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA