長崎市でE様の寝室のフローリングの張替え

長崎で寝室の床リフォームはお任せ下さい!
長崎フローリング張替え相談所の松下です。

本日長崎市にて施工させて頂きました「寝室のフローリング張替え」をご紹介させて頂きます。

今回のフローリングリフォームの施工方法ですが既存の床材が劣化により腐食しているため既存の床材を剥ぎ取り、根太は再利用し新しいフローリングを施工していきます。

施工前

寝室の床の施工前

こちらが施工前の状況になります。

特に腐食が目立つのが窓側になり湿気の影響や、日差しの影響で劣化しているものと考えられます。

またこの年代の床材は根太に直接、床材を張っている工法のため年数が立つ事で根太と根太の間が
何も補強が入ってない空間ですのでブカブカや浮きが出てきております。

施工中

寝室の床の施工中

既存の床の剥ぎ取りが完了致しました。

根太は問題無いことを確認して再利用していきます。

また既存の根太ですが桁に釘止めしているため床鳴りの可能性がありますので既存の根太をビスを使い桁に締め込んでいきます。

ビスはネジ式になっておりますので引っ張りに強い構造となりますので床鳴り防止になります。

床鳴りは木材同士のこすれや木材と釘がこすれ合うことで床鳴りが発生することが多いのでビスで締め込むことでこすれ合う事を防止します。

寝室の床の下地の施工中

根太の補強が完了した後に更に床の耐久性を強くするために「針葉樹合板」を張ります。

その針葉樹合板に新しいフローリング材張ることで二重張りとなるため床の強度を上げる事が可能です。

施工後

寝室の床リフォームの施工後

無事に施工が完了致しました。

今回、使用させて頂いた材料は「ノダ アートクチュール」というシリーズになります。

色はアップルモカというお色になります。

ノダの中でも上級のグレードにはなりますが木目の質感や、風合い肌触りの全てにおいて木の暖かみを忠実に再現されたフローリング材となります。

寝室全体の雰囲気もがらりと変わりフローリング材ながら本物の木の暖かみを感じる事が出来る寝室へと生まれ変わりました。

お施主様にも大変お喜び頂き大変嬉しく思います。

また今後とも何卒宜しくお願い致します。



【新型コロナウイルス対策について】
長崎フローリング(床)張替えリフォーム相談所では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎フローリング張替えリフォーム相談所では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ